ファイナンシャルプランナーってどんな資格?何をやるの?

ファイナンシャルプランナーって何?

「ファイナンシャルプランナー」という言葉はテレビやネットなどで見たり聞いたりしたことがあるかもしれませんが、この資格は何を勉強するのか分からないという方もいらっしゃるでしょう。端的に言えばファイナンシャルプランナーはお金の専門家です。お金と言っても扱う分野は意外と多く、節約や預貯金などから投資まで扱うのがこの資格です。扱う分野の多くは人生誰しも経験するような事柄ばかりです。この資格を取得するための勉強を通して、人生で役に立つ知識を身につけることができます。

仕事にも役立つファイナンシャルプランナーの資格

ファイナンシャルプランナーは自分の生活に役立つだけでなく、仕事をする際にも役に立ちます。特に金融業界や不動産業界で働いている人にとってはこの資格の知識が役に立つ場面があります。例えばお客様に何かを提案する時に知識があれば、よりお客様に合った提案をすることができます。少し値段が高いが長い目で見たときにそのお客様に合ったものを紹介できるのでお客様の満足度が高くなります。このような提案をし続けることによって、お客様の信頼を得ることもできるでしょう。

資格取得で独立開業も可能に

ファイナンシャルプランナーは会社で有利になるだけでなく、独立開業したいという人にも役に立ちます。例えば講師としてセミナーに呼ばれる方や執筆活動をされている方もいるので、活躍の幅は広いと言えるでしょう。そしてファイナンシャルプランナーともう一つ他の資格を持つことで、さらに仕事の専門性が高くなります。比較的広い分野を扱うのがファイナンシャルプランナーですが、宅建士や社労士を取得することでお客様により良い提案が可能になります。専門分野を持ちたいという方にはおススメです。

ファイナンシャルプランナーの講座の会場の選び方は、机や椅子が動かしやすく、レイアウト可能な会議室がおすすめです。