エクセルの使い方と便利な関数の使い方とは?

エクセルの主な機能とは?

エクセルとは主に表などを用いて計算したりそのデータを元にグラフを作成するソフトです。ほとんどの計算の場合は関数を用いて計算します。また、会社の売り上げを表にまとめる時などにも非常に便利です。また、グラフを作成する場合にも入力された情報を元に様々な形で折れ線グラフや棒グラフなど多種多様に表すことが出来ます。最近の場合関数もかなり入力が簡単になっていて合計などを求める際はわざわざ入力せずにオート機能を使って計算出来ます。

基本の操作方法とは?

エクセルを使う時の基本操作があります。まず、入力する枠内の座標の事をセルと呼び、基本はそのセルとセルを範囲選択して関数を用いて合計を求めたりします。合計を求める際はセルとセルを範囲選択します。そしてオートSUM関数のボタンをクリックしてその中に出てくる合計というものを選択します。その作業だけで自動的に計算された値が表示されます。そのためオートSUMを用いて計算する場合がほとんどなので非常に簡単です。

エクセルの応用とは?

エクセルにはオートSUMの他にも様々な関数があります。まずROUND関数です。ROUND関数とは主に特定の数値を四捨五入する時に使う関数です。入力するにはまず関数というボタンをクリックしてその中でROUND関数を探してクリックします。その後、四捨五入したいセルの部分を入力することによって自動的に計算されます。同じような手順で他の関数も使いこなすことが出来るので非常に入力しやすいです。このことを生かすと複雑な表も効率的に作成する事が出来ます。

CADのスクールはCADの技能を教えてくれるだけでなく、CADに関する資格を取得することも可能です。