これを知っておかなければ始まらない!信用取引3つの基礎知識

信用取引ってどういうものなの?

担保として通じる現金や株券を証券会社に差し出すことで可能となる取引のことを、信用取引と言います。口座を開く際に必要となる現金の最低額は30万円と決まっているんですよ。つまりスタートするには最低でもそれだけのお金を用意しなければなりません。「信用」という言葉が使われていることからも分かるように、証券会社が信用に値しないと判断した場合も利用することはできません。たとえば最近なんらかの金融事故を起こした人は、審査をパスできない可能性があります。

信用取引の魅力って何?

近年は多くの人が信用取引を行うようになっていますが、その理由がレバレッジトレードです。信用取引においては、担保の約3倍までの取引が可能となるんですよ。現金取引は手持ち資金範囲内の株券しか買えませんよね?ですが信用取引なら、たとえば手持ちが30万円なら約100万円までの取引が可能なんです。単純計算で資金効率が3倍になりますから、現金取引よりも大きな利益を狙えます。もちろん、損失も大きくなる可能性があるので、あくまでも余裕資金でトレードしていくことが求められます。

信用取引を賢く利用する方法

信用取引の魅力は、約3倍のレバレッジ取引が可能なことですが、常に限界一杯の倍率で取引することは控えた方が賢明です。何故なら、担保維持率が下回ってしまうと追証が発生してしまうためです。追証を期限までに支払わないと、強制的に持ち株を売却されてしまうので気を付けましょう。慣れないうちはレバレッジ倍率を1.5倍程度に留めておき、リスク管理ができるようになってから徐々に倍率を上げていくことが求められます。何度も取引を行い自分なりの手法を確立させることで、信用取引の勝率は大きくアップすることでしょう。

信用取引は、空売りと呼ばれるトレードが可能なことが特有の利点です。空売りにより下落相場においても利益を狙うことが可能となります。