相続税を節税する為に、有効な3つの方法とは?

養子や非課税財産の購入で節税を図る!

相続税の計算方法は、課税対象となる相続財産の額から基礎控除額を差し引き、それを法定相続分で按分した金額に税率を乗じて求めます。そのため、相続税を節税するには相続財産の額を減らすか、あるいは基礎控除額を増やす事が必要です。例えば、相続財産のうち仏壇やお墓など日常的に礼拝する財産は非課税財産とされていますので、生前に仏壇などを購入しておけばその分だけ課税される相続財産を減らせますし、基礎控除額の対象となる法定相続人のうち、養子は被相続人に実子がいる場合は1人、いない場合は2人までが認められますので、こちらも節税に有効な方法です。

小規模宅地等の特例で評価額を減らす!

小規模宅地等の特例とは、被相続人の居住の用あるいは事業の用として供されていた宅地等について、一定の面積までに限り、その相続税評価額を50%または80%の割合で減額する制度を言います。これは被相続人の生前から準備を進める必要があるものの、高額になりやすい土地の評価額を大幅に減額できる制度であり、相続税の節税対策として特に有名な方法と言えます。ただし、相続時精算課税、あるいは相続が始まる前3年間で行われた宅地等の贈与については適用できないなど細かな条件がありますので、予め税理士と相談しておいた方が良いでしょう。

生命保険で遺産相続の争いも避けられる!

生命保険による節税は、受け取った生命保険金のうち法定相続人の数に500万円を乗じた金額までが非課税とされる有名な方法です。予め保険料を支払うことで相続財産は少なくなりますし、受け取った生命保険金には非課税枠があり、双方で節税に繋がります。また、生命保険金は相続税の対象となるものの受取人固有の財産として遺産分割の対象とはなりませんので、遺言より効果的に遺産を承継させる事ができ、相続の中でも問題になりやすい遺産分割の争いを避けられるというメリットもあります。そのため、相続人が複数いる場合などでは、特に有効な方法と言えます。

相続の申告は申告期限があります。相続税の改正により課税対象となる人が増えてに相続の申告も他人ごとではない時代です。忙しい時期に相続の申告を税理士に任せると税務署相手に申告側に立った対応をしてくれます。