クレジットカードとデビットカード違いとメリットとは?

クレジットカードの特徴とは

クレジットカードは簡単にいうと、その人の信用によって後払いができるカードです。クレジットカード作成時に職業や収入などを確認し、その金額によってショッピングなどを行うことができる範囲が決まってきます。クレジットカードがあれば購入したものの代金は1~3か月後の支払いで済むため、すぐにお金が用意できなくても欲しいものを手に入れることができるというのが大きなメリットだと言えます。クレジットカード会社のポイント機能も充実しているため、使えば使うほどポイントをためて商品券などと交換できるようになっています。

デビットカードのメリットとは

デビットカードは銀行が発行しており、銀行の口座残高以下の買い物を行うことができるものです。口座を開設していれば誰でも作ることができますので、発行に関しては職業や収入に左右されることはありません。口座残高がなければショッピングは出来ませんが、後払いで良いから、と気分が大きくなって多額の買い物をしてしまうのを防ぐことができます。クレジットカード同様に加盟店で使用できますので、近年では実店舗やネットショッピングなど、使用できるところが広がってきています。

どちらを持てばいいの?

クレジットカードとデビットカード、どちらを持てばいいのかという質問に関しては、その人によるという答えになってしまいます。クレジットカードは限度内ならばいくらでも使用することが可能になるのでついつい多額の買い物をしてしまうことがありますが、毎月の支払いのことを考えて使用をセーブできる人ならば問題なく利用できますが、セーブできない場合には数か月後に膨大な請求が来てしまうこともあります。使用した金額はすぐに口座に入れるようにするなど、対策を考えることも大切です。

決済代行サービスを導入することで、売上げ管理をひとつにまとめられます。本業に関係ない雑務から解放され、売上げアップにのみ注力できます。